Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スマートルアーとは何?金額はいくら?どこで売ってる?使い方やデータ化も

釣りが好きな方にお聞きします。 大好きな釣りに行って、1匹も 釣れないという日も今までに あるかと思います。 それは何故釣れなかったのか? 原因はわかりましたか? たまたま?そうかもしれません・・・ その日は魚が少なかった・・・ 天気があまり良くなかった・・・ いろいろと釣れなかった理由が あると思います。 そうです、物事にはかならず 理由があるのです・・・!! 釣りに行ったのに釣れなかった! その理由はなぜだったのか? 調査する方法が見つかったのです!

「スマートルアーα」をご存知でしょうか?

スマートルアー代表取締役社長の 岡村雄樹氏が冬の札幌で 「4ヵ月間、 1匹も魚が釣れない」という 悲しい経験をしたことを きっかけに設立した会社、 スマートルアー。 4ヵ月も釣れないほうが逆に スゴいのでは…とは思うが、 釣れたほうが楽しいに決まっている。 そんなスマートルアーは11月6日、 同社いわく“世界初”のIoTルアー 「スマートルアーα」を完成させ 屋外環境での実証実験を 開始したと発表しました。

株式会社スマートルアーの詳細について

画期的なルアーを作成した スマートルアーとは、どんな会社なのでしょう? 会社概要 法人名 株式会社スマートルアー 代表取締役 岡村雄樹 所在地 札幌市中央区宮ヶ丘 事業内容 ・IoTを活用した釣り人むけ情報流通市場の創設 ・釣り人向けデバイスの開発、設計 ・釣り人向けメディアの運営 設立 2017年3月30日 沿革 2016年4月 村田製作所とMakuakeが主催した 「IoTアイディアコンテスト」で優秀賞 2016年10月 No Maps NEDO Dream Pitchで最優秀賞 2017年3月 会社設立 2017年5月 SHARP IoT.make Bootcampに参加 2017年10月 「フィッシング支援システム」の特許出願 2018年3月 北洋銀行ドリーム基金、 北海道銀行中小企業人材育成基金から、 助成金各100万円を取得 オウンドメディア「スマルア技研」をリリース 2018年5月 Sapporo Founders Fundなどから J-KISS型新株予約権にて エンジェルラウンドの資金調達 (調達額は非公開) 2018年9月 北洋銀行「北洋SDGs推進ファンド」など からの出資、日本政策金融公庫の 資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度) による融資を組みわせ、 約4000万円のシードラウンドの資金調達 式会社スマートルアーは総勢6名の小さな 会社のようです。設立も2017年3月と まだ日が浅いです。 しかし、その6名とも全員が非常に優秀な エンジニアの集まりで圧巻するレベル!! 設立から1年足らずで4000万円の出資って 凄いレベルですね・・・

「スマートルアーα」とは?

スマートルアーαの形状や重さは 市販のルアーとほぼ同じだが、 中にはセンサーが搭載されている。 自然湖や実験水槽でのテストでは 加速度や温度、照度などを計測。 これまでは高速度カメラのような 特殊な機材がなければ 確認できなかった “ルアーの詳細な動き”のデータ化に 成功している。 スマートルアーαに搭載されている センサーモジュールは 低コストでの調達・製造が 可能な汎用パーツを使用し、 自社開発しているそうだ。 スマートルアーαは市販のルアーと ほぼ同じ重さや形ですが なんと中にはセンサーが 搭載されているとか・・・ すごいっ!!Σ(・ω・ノ)ノ! ルアーの動くスピードや その日の水温や光の当たり具合 などが、内臓センサーで 調査することが出来る 超ハイテクセンサー付き ルアーなんですね!! (੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾ しかも、魚に食いつかれた数や 魚にヒットされた時、どれくらいの 深さに魚が居て、その深さの温度や 水の濁り具合を把握できるそうです。 つまり、データの数を集めれば、 次からは、ヒットしやすい深さや場所を ピンポイントで狙える超凄いルアー なのですね!! まさか、釣りで「PDCAサイクル」が 出来るとは思っても居ませんでした! 2017年3月に設立されたスマートルアーは 水中環境や気象条件、 釣り人の行動をビッグデータ化し、 釣り人向け情報サービスを 提供する会社です。 同社は今回の発表に際し 「釣りは、先進諸国だけで7兆円の 市場規模があり、1億人が楽しんでいる レジャーですが、これまでは個々人の 勘と経験だけが頼りで、 “自分で考えて釣る楽しさ”を支える 仕組みが不足していました。 スマートルアーは、釣り人にとってキーと なる水中環境の把握や釣りの記録の分析を 軸に、世界の釣り人をサポートする 仕組みを作り上げることを ミッションとしています」 とコメントしていています。 私自身、 たしかに釣りは勘と少ない経験で 場所を決めていたかと思います。 どこかで、思い込みで 都合の良い選択をしていたのかも と改めて思っています。 しかし、スマートルアーを使って 水中環境の把握や釣りの記録の分析が 出来れば、今までの勘と経験による 釣りからオサラバ出来るのです!! これは素晴らしい商品ですね!! サカナの気持ちがわかれば、 釣りはもっと楽しくなるはずです。 データがあれば、サカナの気持ちが わかるかもしれません。 ルアー内のセンサーが、 水温や明るさのほか、 アクションなどのデータを 自動的に収集。 水の中の様子は、その場で、 スマホアプリで見ることができます。

スマートルアーαの金額はいくら?

釣り好きなら、このいろいろと機能がついた スマートルアーαを欲しいですよね!? 気になる値段ですが、まだいまのところは 発表されておりません。

スマートルアーαの売っている場所はどこ?

値段と同様に、まだ販売先の住所は発表されて いません。わかり次第更新したいと思います!!!

まとめ

今回は ルアーの動くスピードや その日の水温や光の当たり具合 などが、内臓センサーで 調査することが出来る 「スマートルアーα」について 調査しました!! このルアーいろいろな事に使えそう ですね!!本当に発売されるのが 楽しみです!! 位置、天候、水温、濁りの状況、 ヒットした数などがわかる。 これから釣りがもっと 楽しくなるかもしれませんね! 今回も最後までお読みいただきありがとうございます!! [colwrap] [col2]スポンサーリンク [/col2] [col2] [/col2]