Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Koki映画に出ていないのに映画賞受賞。理由はなぜ?どうして貰える?誰が決めるの?

Koki,

木村拓哉さんと工藤静香さんの 娘でモデルの「Kōki,さん」が 今、あることで話題になって います∑((((((゚д゚;ノ)ノ

「Koki,さん」映画に出ていないのに「エル・ガール ライジングスター賞」を獲得

木村拓哉さん(46)と工藤静香さん(48)の 次女で、今年5月にモデルデビューした Kōki,さん(15)が26日、都内で 行われた、 「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の 授賞式に出席した。 エンタメ界において今年最も 輝いており、これからの活躍を応援したい女性に贈られる 「エル・ガール ライジングスター賞」を獲得。 15年に創設され、翌16年から個人表彰が始まった 同映画賞で、映画出演の経験がない受賞者は初めて。 シャネル製の黒の透け感のあるノースリーブドレスに、 ピンクのロンググローブをまとい、 ブルガリのジュエリーを身に着けて登場した Koki,さんは、トロフィーを受け取って ニッコリ。写真撮影では、カメラマンから多くの フラッシュと注文を受け、笑顔で応じていた。 受賞の感想を問われると 「とても光栄に思います。 5月のELLEからスタートさせていただいて、 いろんな経験をさせていただきました」と回答。 「素敵なクリエイターさんやスタッフさんと 撮影させていただいてうれしかったです」と この1年を振り返り、 「もっともっと経験を重ねて、いろいろな キャラクターを演じられるモデルになりたいと 思います」と宣言した。 Kōki,さんは5月にファッション誌 「ELLE japon」でモデルデビュー。 8月に「ブルガリ」、9月には「シャネル」 といった世界的ブランドのアンバサダーに就任した。 引用:Yahoo!ニュース ∑((((((゚д゚;ノ)ノ 映画の賞を映画に出ていなくても 貰えるんですね・・・ なぜなのでしょうか・・・? スポンサーリンク

「エル・ガール ライジングスター賞」とはなに?

そもそも 「エル・ガール ライジングスター賞」とは いったなに?どうやったら貰えるの?という ことを調べてみました!! 2015年よりスタートしたこの賞では、 文化人や映画ジャーナリスト、 ファッション関係者など約60人を迎えて、 独自の視点でその年ナンバーワンの映画を選ぶ 「エル シネマ大賞」を選出。 昨年より、日本の映画界で輝く女優と監督に贈る 「エル ベストアクトレス賞」、 「エル ベストディレクター賞」、 今年目覚ましい活躍をした男性に贈る「エル メン賞」 エンタメ界において今年最も輝いており、 これからの活躍を応援したい人物に贈る 「エル・ガール ライジングスター賞」の4部門が 設けられているそうです。 えーと、整理すると・・・ 映画で活躍した人が 「エル ベストアクトレス賞」、 「エル ベストディレクター賞」 今年目覚ましい活躍をした男性が 「エル メン賞」 これからの活躍を応援したい人物に贈る 「エル・ガール ライジングスター賞」 ということですね・・・ 一応、映画は関係ない賞といえば そうなるので、貰ってもおかしく ないのですが・・・ でも 「エル シネマ大賞」の中の 「エル・ガール ライジングスター賞」部門 となると、なんだか納得できない部分も ありますよね・・・ あと2017年までは 「エル・ガール ライジングスター賞」は 「エル・ガール ライジングアクトレス賞」 でした ∑((((((゚д゚;ノ)ノ スポンサーリンク

Kōki,さんプロフィール

2003年2月5日生まれ(15歳) 身長170cm、東京都出身 語学:日本語・英語・フランス語 2018年5月28日発売 『ELLE japon』7月号で モデルデビュー。 幼少期から音楽に精通しており、 特にフルートとピアノの演奏に長けている。 7歳から作曲をはじめ、現在までに 4曲ほど楽曲を提供。作曲家としての 一面も持つ。また語学も堪能で 現在はスペイン語も勉強中。 2018年8月10日、 タリアを代表するジュエラー 「ブルガリ」のアンバサダーに就任。 公式Instagramは開設から わずか数ヶ月でフォロワー数 140万人を超えている。 (2018年11月現在) 言わずと知れた 木村拓哉さんと工藤静香さんの 次女ですね。本名は光希さんです。 スポンサーリンク

Kōki,さんがなぜライジングスター賞を受賞したのか?

なぜ、Kōki,さんは ライジングスター賞を受賞したのでしょうか? 理由として濃厚なのは ●『ELLE japon』で売り出しをしたかった ●「エル シネマ大賞」の知名度を上げたかった ●Kōki,さんの事務所がゴリ押しをした これらの理由が挙げられます。 ちなみにKōki,さん事務所は 母親の工藤静香さんが所属している 事務所と同じ 「 株式会社PURPLE 」であると言われています。 ちなみに工藤静香さん以外のタレントさんが 所属しているかは不明です。

過去のライジングスター賞受賞者は誰?

さきほど記載した通り 「エル・ガール ライジングスター賞」は 昨年までの呼び名は 「エル・ガール ライジングアクトレス賞」でした。 過去の受賞者は誰だったのか調べてみました。 「エル・ガール ライジングアクトレス賞」 2017年の受賞者は「中条あやみさん」でした。 映画出演数2本でしたね。 今年からは呼び名が変わったので 来年以降は「エルシネマ大賞」なのに 映画に出ていない方も受賞対象に なるのでしょうか? スポンサーリンク

まとめ

今回の記事は なぜKōki,さんが映画に出演していなにのに 映画賞が受賞できるのか?というテーマで 調査してみました。 ネットの声は ・こういう事やってると周りが白ける事に気が付かんのかな。 ・映画にも出演せずとも映画賞を受賞できる希代の軽い神輿Kokiさん、次に狙うは年末のレコード大賞。 ・これひっでぇなw やり口が最悪… ・Kokiがゴリ押しゴリ押し言われてるけど、親が有名人だから仕方ないよなーと思ってた。けど、映画に出た経験もないのに映画賞受賞…これはないわー。本人も、厚顔だよなあ。トロフィー持ってにっこり笑顔でコメントできるんだから。普通は恐縮して辞退するって。 ・「賞」はもう形骸化していて何のありがたみも価値もない。 その時売れてる人を選んで報じてもらうただそれだけ。まったくもって「無意味」 ・親の顔が見てみたい・・・ と世間の声は冷ややかですね・・・ こればっかりは、致し方ないのかも しれません。 中には大人のやり方が悪いわけで Kōki,さんは悪くないと擁護する意見も ありますが、なんとも言えない状況ですね・・・ これから、Kōki,さんが どういう風になっていくのか 心配でなりませんね・・・ 今回も最後までお読みいただきありがとうございます!! [colwrap] [col2]スポンサーリンク [/col2] [col2] [/col2]