Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

地震や停電, 断水や給水制限の時のトイレを流す方法とは?

停電情報

地震や停電による断水や給水制限の時は、トイレを流すことが出来ないことが有ります。日頃からちゃんと準備しておき、いざという時に落ち着いて行動できるようにしておきましょう‼

停電時、トイレの水の流し方

LIXIL、TOTO、パナソニックによる、停電時のトイレの流し方は以下のようになります。注意点として、地震などの災害時に排水管が壊れている場合は、水洗トイレを使うと汚水が溢れたり逆流する危険性がありますので、トイレに水は流さないでください。 LIXIL LIXILは、停電時や断水時のトイレの流し方動画を紹介しています。 らかじめ浴槽などに汲み置きしておいた水をバケツ1杯程度用意し、便器鉢内に一気に流し込みます(水飛びに注意しながら行なってください)。さらに3-4Lの水をゆっくり注ぎます。ただし、この水量では便器の汚物を排出する事ができても、排水管の途中に汚物が停滞する事がありますので2-3回に一度は、バケツ2杯程度の水を流してください。 また、水を流せない期間が長期化する時は、定期的にお水を便器内に流すようにしましょう。不便なので、使わない期間が長引くとニオイが下水よりあがってきてしまうことがあります。 大地震で停電や断水、排水管が破損する等によって、いつも使っているトイレが使えなくなることがあります。食事は我慢できても、トイレは我慢することができません。食料品の備蓄だけではなく、生活必需品の一つとして携帯型トイレ等の備蓄もしておきましょう