Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

4℃(ジュエリーブランド)の名前の由来とは?読み方は?

4℃

12月になってクリスマス商戦も本格的になりましたね。彼女や彼氏に向けたプレゼントは何しようか?迷っている方もけっこういるのではないでしょうか?そんな方に向けてコマーシャルなどはジュエリーを特集したものとかだ多いですよね!?そんなジュエリー業界を代表するブランド「4℃」であるニュースが話題となっています。 (;゚д゚)ゴクリ…

ジュエリー業界を代表するブランド「4℃」であるニュースが話題?

ジュエリー業界を代表する上場企業である4℃ホールディングス(ヨンドシーHD、以下4℃)の売り上げが、低迷から一向に抜け出せない。全国に200店以上ある既存店の売り上げは、足元の2018年11月も前年同月比4.5%減となり、7カ月連続で前年割れとなった。  4℃の既存店売り上げは、2016年8月に前年割れとなって以来、2018年3月まで何と20カ月連続で前年割れ。2018年4月にはかろうじて前年同月を上回ったものの、その後は再び11月まで前年割れが続いている。これだけ長く低迷が続くのは、リーマンショックや百貨店不況に見舞われた2000年代後半以来のことだ。  「あなたの大切な人は誰ですか」。4℃では年間利益の3~4割を稼ぐとされるクリスマス商戦に向け、11月末から大人の雰囲気たっぷりのテレビCMを流している。経費削減で昨年の同時期には停止したテレビCM再開に加え、商品在庫を積み増し、クリスマス限定商品も再び投入するなど、低迷する売り上げの回復へ総力戦を展開中だ。 引用:ヤフーニュース ジュエリーブランド「4℃」の既存点売上が20ヶ月連続で前年割れって、相当ヤバイ印象をうけますが、クリスマス商戦が年間利益の3〜4割を稼ぐみたいです。つまり、12月さえなんとかなれば、結果オーライという形になるのでしょうか!?それにしても、年間利益の3〜4割を見込めるクリスマス商戦の威力はメチャクチャすごいんですね・・・ ∑((((((゚д゚;ノ)ノ

ブランド「4℃」の名前の由来は?

ところで「4℃」の名前の由来が気になりました。 「4℃」というブランド名はどうやって名付けられたのでしょうか? 「4℃」のオフィシャルサイトのブランドコンセプトに書かれていました。
4℃(水温4度)は氷が張った冬の湖などの水面下では魚たちにとって唯一活動できる水温であり、魚たちにとって4℃という水温は安息を感じる温度であり潤いを与えてくれる場所であるため、4℃という水温のように潤いをもたらす商品を提供するという意味が込められているそうです。
ふむふむ、そういう理由だったんですね・・・ ちなみに「4℃」の温度の記号はは世界共通の記号なんだそうですよ。つまり、世界中でも読める=世界中に向けて展開するという意味も込められていたそうです。 Ωヾ(・∀・` )ヘーヘーヘーヘーヘーヘー

まとめ

今回はジュエリーブランド「4℃」の名前の由来はなんだったのか?というテーマで調査してみました。なぜこういう名前になったのか?という由来を調べてみるとけっこう面白いですね!!いろいろと調べてみようかな、と思いました。次の記事をお楽しみに!! 今回も最後までお読みいただきありがとうございます! 。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚