Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

家政婦は見たの市原悦子さんが亡くなる。原因はなぜ?病名は?プロフィールも

市原悦子

女優の市原悦子さんが12日、心不全のため都内の病院で死去しました。

女優の市原悦子さんが亡くなる

2時間ドラマ「家政婦は見た!」などで知られる演技派女優の市原悦子(いちはら・えつこ)さんが12日午後1時31分に心不全のため死去したことが13日、分かった。82歳だった。 市原さんは16年11月に自己免疫性脊髄炎のため都内の病院に入院し、以降、芸能活動を休業した。 17年2月にはリハビリ専門病院に転院し、退院した後は都内の自宅でリハビリに励んでいたが、思うように回復せず、同11月には出演予定だったNHK大河ドラマ「西郷どん」のナレーションを降板した。 しかし、昨年3月、NHK「おやすみ日本 眠いいね!」内で担当するコーナー「日本眠いい昔ばなし」の朗読を自宅で収録。亀が人里へ助けを求めに行く「亀の使い」の話で、動物たちの声を6種類の声色で演じた。以降、月1回のペースで同番組の声だけの収録を自宅で行ってきた。最後まで女優として仕事を貫き通した。 市原さんは、早大を経て、俳優座養成所に入所。同期には大山のぶ代さん、ジェームス三木さん、冨士真奈美がいた。57年に俳優座に入団し、新人時代から度胸のいい演技で、舞台、ドラマ、映画で活躍。71年に退団後は、75年から約20年にわたって声を担当したTBS系アニメ「まんが日本昔ばなし」、高視聴率を記録した2時間ドラマ「家政婦は見た!」(83年~08年)、NHK大河ドラマ「秀吉」の秀吉の母なか役など、演技派の女優として人気を得た。90年には映画「黒い雨」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。 私生活では、俳優座で同期だった演出家の塩見哲さんと61年に結婚した。子宝に恵まれなかったが、おしどり夫婦として知られた。12年に市原さんがS状結腸腫瘍の手術を受けた時も、塩見さんは病床の妻を支えていたが、14年に肺炎で亡くなった。直後から市原も心身ともに衰えを隠せなかった。

市原悦子さんプロフィール

いちはら えつこ 市原 悦子 本名 塩見 悦子 (しおみ えつこ) 生年月日:1936年1月24日 没年月日:2019年1月12日 出 身:千葉県千葉市 / 劇団俳優座 趣 味:麻雀 旅行 散歩 ★受賞歴★ 1958年 新劇新人推賞「びわ法師」 1959年 芸術祭奨励賞「千鳥」 1962年 新劇演技賞「三文オペラ」 1964年 ゴールデンアロー賞新人賞「ハムレット」 1975年 紀伊國屋個人演技賞「トロイアの女」 1986年 都民文化栄誉賞 1990年 日本アカデミー賞最優秀助演女優賞「黒い雨」 1998年 日本アカデミー賞助演女優賞「うなぎ」 1999年 読売演劇大賞優秀女優賞「ディア・ライアー」 2003年 山路ふみ子映画賞・女優賞「わらびのこう 蕨野行」 2009年 読売演劇大賞優秀女優賞「ゆらゆら」

市原悦子さん作品

おすすめ記事・こちらもお読みください♪