Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHK受信料、ワンセグ携帯も支払い義務!値段はいくら?滞納するとヤバい?

ワンセグ携帯

こんにちは!本日はNHKの受信契約について非常に興味深いニュースが入ってきたので、

詳しく調べてみたいと思います!!

このニュース、みなさんにも関係あるニュースですので、ぜひ自分事として読んでいただけると幸いです!!

NHK受信契約「ワンセグ携帯も義務」確定と最高裁判決出る・・・

 

テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有を理由に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、「契約の義務がある」との判断が確定した。

最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が13日までに、原告側の上告を退ける決定をした。決定は12日付。

NHKによると、ワンセグをめぐる訴訟は5件起こされ、最高裁で確定するのは初めて。テレビを持たず、ワンセグ携帯のみ所有している場合でも、NHKとの契約義務を負うことになる。

確定したのは、テレビを持っていなかった埼玉県朝霞市の男性がNHKを相手に起こした訴訟。一審さいたま地裁は2016年、受信設備の設置者はNHKと契約しなければならないとした放送法の規定について、「『設置』は設け置くという意味で、『携帯』の意味は含まない」とし、契約義務を否定した。

しかし二審東京高裁は18年、放送法施行時に携帯型ラジオが存在したことなどから「『設置』には『携帯』も含むと解すべきだ」と判断。一審判決を取り消し、NHK側の逆転勝訴とした。 引用:ヤフーニュース

 

家にテレビがない世帯でもワンセグ携帯を持っていたら、自動的にNHK受信料の支払い義務があるっていうニュースですね・・・

これは、NHKを見ようが見まいが関係ないようです・・・

見れる状態にある=支払う義務があるってことですね・・・

これってけっこう乱暴な判決ですよね・・・
(щ`皿´)屮キィィィィィィィィー!!!!

あっこれを書いているワタシは、家にテレビがあるので、もちろん支払ってますよ。

だから、この判決自体は特にワタシには関係はないのですが、

なんだかなぁ・・・というニュースだと感じています。

そもそもNHK ってなんの略・・・?

 

良い機会なのでNHKの受信料っていったい何なの?ということについて調べてみました。

NHKとは

日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)の略称ですね。

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」と放送法第64条第1項という法律が定められています。

そもそもNHK の受信料を払う理由とは・・・?

公共放送NHKは、“いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を分け隔てなく伝える”ことを基本的な役割として担っています。そして、その運営財源が受信料です。NHKが、特定の勢力、団体の意向に左右されない公正で質の高い番組や、視聴率競争にとらわれずに社会的に不可欠な教育・福祉番組をお届けできるのも、テレビをお備えのすべての方に公平に負担していただく受信料によって財政面での自主性が保障されているからです。NHK公式サイトより

民放テレビは企業のCM協賛によって番組を作成していますが、それだとクライアントの顔色をうかがって正しい情報が国民に提供出来ないのではないか?

国民には、いつでも正しい情報を提供する番組が必要なんじゃないか?という意味合いで、国民から受信料を徴収して放送局を設けているというのが、NHK受信料の大義名分なんですね・・・

そもそもNHK の受信料は、いくら・・・?

 

契約種別支払い方法2ヶ月払額6ヶ月前払額12ヶ月前払額
衛星契約

口座振替・クレジットカード払い4,460円12,730円24,770円
振り込み4,560円13,015円25,320円
地上契約

口座振替・クレジットカード払い2,520円7,190円13,990円
振り込み2,620円7,475円14,545円

基本的に地上波契約の方が大半だと思いますので、地上波契約の金額について見てみましょう!!

3種類の支払いパターンでがありますが、

2か月払いなら、1か月あたり1,310円

6か月払いなら、1か月あたり1,246円

12か月払いなら、1か月あたり1,212円 となりますね。
なるべくは年間払いを選択したほうが割安となります。

ワンセグ携帯を持っているけどNHK受信料を払ってない人はヤバい?

 

さて、家にテレビが無いけど、テレビが見れるワンセグ携帯を持っている方はNHK受信料を支払わなくてはならない!という判決がおりました。

今まで支払っていなかったよ!という方もたくさんいると思います。

そういった方は受信料を支払わなければなりません!!

もし支払わないでほったらかしにしていると、どうなってしまうのでしょうか?

ズバリ罰則があります!!

罰則は、受信料を支払わない人を法律違反として、国が刑事罰を科すものです。 受信料不払いの方に罰則を科すことは、受信料を国の力を借りて徴収するということであり、公共放送の性格を変えるおそれがあるものだと考えています。例えば、罰則を導入すると、NHKの事業運営に対する行政による規制が強まるといったことも考えられ、公共放送の自主自律への影響も懸念されます。

 

公共放送のあり方、視聴者のみなさまのご理解にも関わる問題であり、慎重かつ幅広い議論が必要ではないかと考えています。NHK公式サイトより
公式サイトでも支払わないと罰します!!としっかりと書いてありますね・・・
支払いが滞ると、どうなるか?というと
NHKの職員さんが支払ってください!!と家に来ます。
ただ、最近ではオートロックのマンションであったり、若い人の一人暮らしの住居では、なかなか職員に会わないよという方もいるかと思います。
ですので、放っておけば良いじゃん!と思いがちですが、忘れた頃に「督促状」などが送られてくるんです・・・
「督促状」はNHKが裁判所に申し立てを行い、滞納者宛の督促状を出してきます。
この督促状に書かれた期限内に支払いをしないと、家財などの「差し押さえ」をされてしまう可能性もありますし、もっと大事になる可能性も・・・
ですので、いつ来るかわからない督促状にびくびくするよりは、早めに支払ってしまったほうがよいでしょう・・・。

まとめ

テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有をしていると、NHK受信料金をしはらう義務があるという判決が出たニュースについてまとめてみました。

最高裁まで持ち込まれて、支払う義務があると判決が出た以上、家にテレビはなくてもワンセグ対応の携帯電話を持っている方は、支払い対象になりますので、受信料の滞納にはどうぞお気を付けください!!

今回の判決は、ちょっと乱暴だなと個人的には思いますが、決まってしまった以上、遵守しないとダメなわけですので、支払うようにしましょうね!!

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!!