Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

福井県高浜町議員・児玉千明議員フェイスブック画像とは?獣肉を白目で解体

児玉千明(福井県高浜町議員)

福井県高浜町議会の児玉千明議員(30)がSNS(会員制交流サイト)フェイスブックなどに掲載していた、獣肉や自身を写した写真や文章が「命を軽視するような行為」で不適切だとして炎上しています。

ツイッターなどでは、「児玉千明議員」「獣肉」「動物虐待」だといった批判的な声がめちゃくちゃ上がっています・・・。

いったいどんな画像を掲載していたのでしょうか・・・?

児玉千明議員について調査してみたいと思います。

福井県高浜町議会の児玉千明議員(30)がフェイスブックに掲載した画像が炎上

福井県高浜町議会の児玉千明議員(30)がSNS(会員制交流サイト)フェイスブックなどに掲載していた、獣肉や自身を写した写真や文章が「命を軽視するような行為」で不適切だとして、東京の動物愛護団体が3月13日までに、児玉議員の辞職を求める要望書を同町議会事務局に送付したことが団体への取材で分かった。また、この写真などが別のSNS上で頒布されたことなどから、同町議会事務局に8日以降、100件を超す抗議のメールが送られる事態となっている。

 児玉議員は1期目。県猟友会高浜支部に所属しているなど、獣肉を解体する機会がある。

 要望書を送付したのは公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」。女優の杉本彩さんが代表理事を務める。問題視しているのは、児玉議員が昨秋までにフェイスブック(FB)に投稿した自身の写真や文章。獣の肉塊がぶら下がった前で包丁を持ったり、鹿の革製のちょうネクタイを身につけたりして、ともに白目をむいて写ったものなどがある。

 要望書では「議員の立場にありながら、SNSで命を軽視するような行為を是認することは、大人だけでなく子どもの倫理観の欠如を助長させることにつながる」などとし、議会に対し児玉議員を辞職させるよう求めている。

 一方、この写真などがSNSツイッターで頒布され、多数の個人攻撃であふれる「炎上」状態となっている。この問題を受け同町会の粟野明雄議長は8日、児玉議員に対し口頭で厳重注意した。

 児玉議員は取材に対し、投稿は「残酷、きたないなどの鳥獣処理の悪いイメージを払拭するのが目的だった」とし「不快にさせ、さらに町などに迷惑をかけてしまったのは申し訳なく反省している」としている。一方で写真の流用や脅迫するメールがあったことから「法的手段を検討したい」としている。引用:ヤフーニュース

どうやら、児玉千明議員が今回炎上している理由は、獣肉や自身を写した写真や文章が「命を軽視するような行為」で不適切だということが問題のようですね・・・

フェイスブックで確認してみましたが、問題の画像は削除済みとなっていました。

児玉千明議員フェイスブック

いったいどんな画像だったのでしょうか・・・?

児玉千明議員の白目で獣肉を持っている問題画像

 

調べてみたところ、問題の画像が見つかりました。

なかなかエグい写真ですね・・・

一般で働いている方ならともかく

選挙で当選し、市民の代表として町議会で働いている方が掲載している公の画像として考えると、「ちょっとないかなー」と個人的に思います・・・

まぁ、みんなそう思っているから炎上しているのでしょうが・・・

児玉千明議員のはどうして白目の変顔をフェイスブックに掲載したのか?その理由とは?

児玉千明議員のはどうして白目の変顔をフェイスブックに掲載したのか?その理由とはいったいなんだのでしょうか?

児玉千明議員いわく、投稿は「残酷、きたないなどの鳥獣処理の悪いイメージを払拭するのが目的だった」そうです・・・

んー苦しい言い訳ですね・・・

児玉千明議員プロフィール

 

児玉千明議員について調べてみました。

本名:児玉千明

生年月日:1988年11月26日

年齢:32歳

住所:福井県 大飯郡在住

職業:美容師・町議会議員

保有資格:美容師・銃猟・わな猟

フェイスブックでは、自身のことをハッピーなおばさんと紹介しています・・・

動物愛護団体から「議員の立場にありながら、SNSで命を軽視するような行為を是認することは、大人だけでなく子どもの倫理観の欠如を助長させることにつながる」などとし、議会に対し児玉議員を辞職させるよう求められている状況ですが、児玉議員は今後どうなってしまうのでしょうか?

これにこりて、もう少しマイルドな白目で狩猟の楽しさや良さをアピールしていってもらいたいものです・・・

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!