Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

画像・動画あり。久保建英のFKゴールシーン。2019年3月24日U-23アジア選手権。対東ティモール

久保建英 フリーキック ゴール

2019年3月24日、U-22日本代表は24日、U-23アジア選手権予選の第2戦で東ティモール代表と対戦し、6-0と大勝しました。

そして、今もっとも注目されている17歳のMF久保建英選手(FC東京)も2ゴールを奪う活躍で、大会2連勝を飾りました。

2019年3月24日U-23アジア選手権予選、東ティモール代表6-0で制す

今大会は、来年1月にタイで開催される東京五輪予選(日本は開催国のため免除)を兼ねたU-23アジア選手権への出場を懸けて行われている。日本はミャンマー、マカオ、東ティモールと同じグループIに振り分けられ、22日の第1戦ではマカオに8-0で大勝。中1日という過酷な日程のなか、A代表を兼任する森保一監督に代わって指揮を執る横内昭則監督代行は、先発を10人入れ替え、“飛び級招集”されている久保やMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)、MF杉岡大暉(湘南)らをスタメンに起用した。

 立ち上がりから日本が押し込む展開のなか、前半12分に最終ライン裏に抜け出した田川が相手GKに倒されPKを獲得。田川がキッカーを務めたがシュートをゴール上に外し、先制点のチャンスをフイにしてしまった。

 その後も日本が圧倒的にボールを支配し主導権を握ると、同24分、久保のクロスから左サイドのDF板倉滉(フローニンゲン)が折り返し、最後は田川がダイビングヘッドで豪快に叩き込んだ。

 前半を1-0で折り返すと、東ティモールの足も止まり始めたこともあり、後半はゴールラッシュを演じる。

 後半9分に久保がFK弾を叩き込むと、同15分にはCKからDF立田悠悟(清水エスパルス)がヘディングシュートを叩き込み3-0。攻撃の手を緩めない日本は同26分、敵陣中央でボールを受けた板倉が、ドリブルから右足を振り抜き、華麗なミドルシュートを突き刺した。

 さらに3分後には、ペナルティーエリア内でボールを受けた久保が強烈なボレーシュートでこの日2点目。同32分には途中出場のFW上田綺世(法政大学)が、2試合連続ゴールを決めて6-0とした。

 一方的な展開となったなか、試合はこのまま終了。初戦でマカオを8-0で破ったのに続き、大量点での2連勝となった。日本は再び中1日で、26日にミャンマーとの第3戦に臨む。

2019年3月U-23アジア選手権予選、久保建英選手の1点目FK弾

久保建英選手の1点目FK弾の動画がこちらです。

ペナルティーエリアからけっこう離れていて、だいぶ距離がありましたが、見事に決めてくれました。

2019年3月U-23アジア選手権予選、久保建英選手の2点目ボレーシュート

久保建英選手の2点目、ペナルティーエリア内でボールを受け強烈なボレーシュートを放った動画がこちらです。

ここしかない!!という位置にやわらかいトラップで落としてからのボレー・・・

まさに圧巻です!!

そして、ゴールとはなりませんでしたが、こちらのボレーも必見です。

確かに相手は格下だし実際守備も酷かったけど、板倉と久保のゴールは凄かったなぁ。
久保は早くA代表で見たい

 

1点目も素晴らしいが、2点目はトラップからシュートまでの一連の流れが素晴らしかった。
期待し過ぎは良くないが、17という年齢を考えると本当に楽しみな選手。

 

18歳になったら、もうA代表に行けばいい。

日本のCF問題は久保建英が解決すると思う。