Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大阪刑務所で受刑者に販売のティッシュペーパーが高い。理由は何故?卸会社名は?

大阪刑務所で刑務所内で受刑者に販売されているティシュペーパーが高すぎると話題になっています。

ティシュペーパーというと、よくドラッグストアなどで購入しますが、そんなに高い値段帯の日用品ではありませんね。

どうして、大阪刑務所内で販売されているティシュペーパーが高すぎるのでしょうか?

またティッシュペーパーはいくらで売っているのでしょうか?

詳しく調べてみました。

大阪刑務所で刑務所内で受刑者に販売されているティシュペーパーが高すぎると話題

 

刑務所内で受刑者に販売されている日用品が高額すぎるとして、大阪弁護士会は29日、大阪刑務所(堺市)に改善を勧告した。ティッシュペーパーは一般的な市販品の約4.5倍、歯ブラシは約1.7倍など「高級品」が多く、購入できない受刑者がいるという。

 弁護士会と刑務所によると、受刑者は支給される日用品に加え自費でも指定業者から購入できる。以前は財団法人が販売していたが、2011年末ごろ東京の会社になり、高額商品が増えたという。

 16年時点の価格は、歯ブラシ(1本)181円▽ティッシュ(800枚入り)594円▽男性用パンツ(1枚)702円など。いずれも、総務省が公表している堺市での一般的な価格より大幅に高額な商品だった。

 男性受刑者から人権救済申し立てがあり、弁護士会が調査。この受刑者が所内の作業で受け取る報奨金は月約4500円で、「こんな高級なティッシュは塀の外でも使えなかった」と話したという。

 この会社は法務省の指定を受け、ほぼ全ての刑務所で日用品を販売しているという。大阪刑務所は「価格は業者が決めている。適正と考えているが、勧告は受け止める」としている。

引用:ヤフーニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190330-00000014-mai-soci

大阪刑務所で刑務所内で受刑者に販売されている日用品の値段は?

16年時点の価格は、歯ブラシ(1本)181円▽ティッシュ(800枚入り)594円▽男性用パンツ(1枚)702円など。いずれも、総務省が公表している堺市での一般的な価格より大幅に高額な商品だった。

 

たしかに大阪刑務所内での値段は高いですね。

参考までにネットで購入するといくらになるか?比較商品を張り付けていきます。

 

歯ブラシ

【メール便送料無料】タフト24歯ブラシ10本 + 艶白ツイン歯ブラシ1本【タフト24】

 

ティッシュペーパーBOX

エルモア ティシュー 400枚(200組)(5箱)【エルモア】

 

男性用パンツ

セルヴァン メンズボクサーパンツ 3色組【男性用パンツ・男性用下着・男性パンツ・男性下着 まとめ買い】

改めて見ると大阪刑務所内での値段は高いです。

大阪刑務所で受刑者が所内の作業で受け取る報奨金はいくら?

受刑者は原則として刑務所内で作業を行うことで報奨金として金銭を受け取っています。

この金銭で日用品や生活必需品を購入するんですね。

今回取材を受けた受刑者の方は、所内の作業で受け取る報奨金は月約4500円受け取っているそうです。

4500円受け取って、ティッシュペーパーが594円ということは給料の約1/8がティッシュペーパーで持っていかれるということですね。

刑務所での日用品の値段は誰が決めている

会社名は明らかになっていませんが、法務省の指定を受け、ほぼ全ての刑務所で一つの会社が日用品を販売しているそうです。

大阪刑務所は「価格は業者が決めている。適正と考えているが、勧告は受け止める」としているそうです。

現在は刑務所の外でも値段が上がっているわけですから、一概に「かわいそうだ」とは言えないですよね?

原材料の値段の高騰

物流コストの高騰

人件費高騰

いろいろと値段が上がってしまう要因はありますので、多少値段が上がってしまうのは仕方ないことなのではないですが、ちょっと値段高すぎですね・・・。

大阪刑務所でティッシュペーパーが高い件。ネットの声は?

刑務所のティッシュが一般の4.5倍の594円。高すぎるというより暴利であろう。囚人だからといって許される話ではない。大阪刑務所に弁護士会が勧告したが、法務省は聞く耳を持たないという。おかしな話だ。刑務所の利権の一つとなっていることを疑わざるを得ない。

 

《この会社は法務省の指定を受け、ほぼ全ての刑務所で日用品を販売しているという。大阪刑務所は「価格は業者が決めている。適正と考えているが、勧告は受け止める」》大阪刑務所長の家庭では一箱594円のティッシュを使っていて「価格適正」と考えているのか…

 

大阪刑務所は「価格は業者が決めている。適正と考えているが、勧告は受け止める」としている」、この人スーパーとかで買い物したことないだろ→ 「ティッシュ高すぎ」 594円、一般の4.5倍 

 

こらは高すぎる。入札ではなく随意契約なのか?法務省職員がキックバックを受けているのでは?と疑う金額。 「ティッシュ高すぎ」 594円、一般の4.5倍 大阪刑務所に弁護士会が勧告 –

 

刑務所や拘置所内の売店の品物の値段が異常に高く受刑者たちは困っていると聞いている。例えばバタピーが1袋108円だそうだが東京なら150g入りで売店だと60g入り。高いのは大阪刑務所内の売店だけでなさそうだ。一度、全部の売店を徹底的に調べて対応を

 

どこぞのドラッグストアとかに委託すれば? 受刑者はお金も稼げないんだから、もう少し市井の価格に近づけてあげないと文化的な生活送れないよ。 / 「ティッシュ高すぎ」 594円、一般の4.5倍

「価格は業者が決めている。適正と考えている」ということから、値段が高すぎる理由は卸業者が高い値段に設定しているからですね。

おそらく入札して、仕事を請け負っているのでしょうが、なにか裏事情があるのでしょうか・・・?