元UFCエディ・アルバレスONEと契約。身長や体重、戦績は?あだ名の由来も

2018年10月16日(火)シンガポールを拠点とし、アジア最大規模の活動をしている格闘技団体『ONE Championship』は、元UFC世界ライト級王者&元ベラトール世界同級王者エディ・アルバレス(34=アメリカ)との複数試合契約を結んだことを発表したと発表されました。エディ・アルバレスはUFCでバリバリ活躍している選手です。このエディ・アルバレスはがアジアのONEと契約するとは思っていませんでした。今日はエディ・アルバレスという選手がどういう人なのか?調べていきたいと思います。

エディ・アルバレスプロフィール

エディ・アルバレス Eddie Alvarez ニックネーム ジ・アンダーグラウンド・キング 出身 アメリカ、フィラデルフィア 生年月日 1984年1月11日 – 年齢 34歳(2018年現在) 概要 打撃、ボクシング、 身長 5′ 9″ ( 175 cm ) 体重 155 lb ( 70 kg ) ニックネームのジ・アンダーグラウンド・キングって カッコいいですね!!日本語に訳すと 地下街の帝王という感じなのでしょうか? 寝技が強いのか!?と思われる方も多いようですが 基本的、スタンドで戦う選手です。 試合に勝利した後、トップロープからの 宙返りを行なうのが恒例となってます。 スポンサーリンク

エディ・アルバレス ファイトスタイル

アグレッシブに相手に攻め立てるスタイルです。 強烈かつ回転力のあるパンチを最大の武器としています。 打ち合いになると、とたんに強さを発揮し 強烈なパンチの応酬が迫力満点です。

エディ・アルバレス過去戦績

○ アンソニー・ラドンナ 1R 3:57 KO(パウンド) Ring of Combat 5 2003年12月14日 ○ アダム・フィーロン 1R 2:06 ギブアップ(パンチ連打) Ring of Combat 6 2004年4月24日 ○ クリス・シェルシンガー 1R 1:00 ギブアップ(パンチ連打) Reality Fighting 【RFウェルター級タイトルマッチ】 2004年10月16日 ○ 池本誠知 2R 1:25 TKO(パウンド) Euphoria: USA vs. World 2005年2月26日 ○ ダニラ・ヴェセロフ 2R 2:15 TKO(パウンド) Euphoria: USA vs. Russia 2005年5月14日 ○ 花澤大介13 1R 4:00 TKO(パウンド) Euphoria: USA vs. Japan 2005年11月 ○ デリック・ノーブル 1R 1:10 KO(パウンド) Mix Fighting Championships: USA vs. Russia 3 【MFCウェルター級王座決定戦】 2006年6月3日 ○ 小池秀信 1R 1:26 TKO(パウンド) MARS in 両国国技館 〜NEW DEAL〜 2006年8月26日 ○ アーロン・ライリー 1R 1:05 KO(スタンドパンチ連打) BodogFight: USA vs. Russia 【MFCウェルター級タイトルマッチ】 2006年12月2日 ○ スコット・ヘンジー 1R 4:13 TKO(コーナーストップ) BodogFight: Costa Rica Combat 2007年2月17日 × ニック・トンプソン 2R 4:32 TKO(パウンド) BodogFight: Clash of the Nations 【Bodogウェルター級タイトルマッチ】 2007年4月14日 ○ マット・リー 5分3R終了 判定3-0 BodogFight: Alvarez vs. Lee 2007年7月14日 ○ ロス・エバネス 2R 2:32 TKO(パウンド) ShoXC: Elite Challenger Series 2008年1月25日 ○ アンドレ・ジダ 1R 6:47 TKO(マウントパンチ) DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦 【ライト級グランプリ 1回戦】 2008年3月15日 ○ ヨアキム・ハンセン 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND 【ライト級グランプリ 2回戦】 2008年5月11日 ○ 川尻達也 1R 7:35 TKO(パウンド) DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 【ライト級グランプリ 準決勝】 2008年7月21日 × 青木真也 1R 1:32 ヒールホールド Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31 ○ グレッグ・ローラン 1R 2:44 ギロチンチョーク Bellator I 【ライト級トーナメント 1回戦】 2009年4月3日 ○ エリック・レイノルズ 3R 1:30 チョークスリーパー Bellator V 【ライト級トーナメント 準決勝】 2009年5月1日 ○ トビー・イマダ 2R 0:38 チョークスリーパー Bellator XII 【ライト級トーナメント 決勝】 2009年6月19日 ○ 菊野克紀 2R 3:42 肩固め DREAM.12  2009年10月25日 ○ ジョシュ・ニアー 2R 2:08 チョークスリーパー Bellator 17  2010年5月6日 ○ ロジャー・ウエルタ 2R終了時 TKO(ドクターストップ) Bellator 33  2010年10月21日 ○ パット・カラン 5分5R終了 判定3-0 Bellator 39 【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】 2011年4月2日 × マイケル・チャンドラー 5分4R 3:06 リアネイキドチョーク Bellator 58 【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】 2011年11月19日 ○ 青木真也 1R 2:14 TKO(右アッパー→パウンド) Bellator 66  2012年4月21日 ○ パトリッキー・フレイレ 1R 4:54 KO(右ハイキック→パウンド) Bellator 76  2012年10月12日 ○ マイケル・チャンドラー 5分5R終了 判定2-1 Bellator 106 【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】 2013年11月2日 × ドナルド・セラーニ 5分3R終了 判定0-3 UFC 178: Johnson vs. Cariaso 2014年9月27日 ○ ギルバート・メレンデス 5分3R終了 判定2-1 UFC 188: Velasquez vs. Werdum 2015年6月13日 ○ アンソニー・ペティス 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Dillashaw vs. Cruz 2016年1月17日 ○ ハファエル・ドス・アンジョス 1R 3:49 TKO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: dos Anjos vs. Alvarez 【UFC世界ライト級タイトルマッチ】 2016年7月7日 × コナー・マクレガー 2R 3:04 TKO(左フック→パウンド) UFC 205: Alvarez vs. McGregor 【UFC世界ライト級タイトルマッチ】 2016年11月12 △ダスティン・ポイエー 2R 4:12 無効試合(故意で無い反則打) UFC 211: Miocic vs. dos Santos 2 2017年5月13日 ○ ジャスティン・ゲイジー 3R 3:59 KO(右膝蹴り→パウンド) UFC 218: Holloway vs. Aldo 2 2017年12月2日 × ダスティン・ポイエー 2R 4:05 TKO(スタンドパンチ連打) UFC on FOX 30: Alvarez vs. Poirier 2 2018年7月28日 参照:wikより 2018年現在 36戦 29勝6敗(1試合無効)16KO スポンサーリンク

エディ・アルバレスUFC対戦動画

ライト級マッチ 5分3ラウンド ○エディ・アルバレス vs. ジャスティン・ゲイジー● 3ラウンド(3分59秒)TKO 【メインイベント】 ライト級マッチ 5分5ラウンド ●エディ・アルバレス vs. ダスティン・ポワリエ○ 2ラウンド(4分05秒)TKO スポンサーリンク

エディ・アルバレスVS 青木真也 対戦動画

エディ・アルバレス選手は 日本の青木真也選手と2回対戦しています。 1度目は大晦日K-1ダイナマイト2008 2度目はベラトールにて 1回目の戦いで負けたエディ・アルバレス選手は ベラトールの2回目の戦いでリベンジしています。 今回のエディ・アルバレス選手がONE契約にともない 青木真也選手と3回目の対戦があるのではないかと 言われています・・・(早ければ2018年大晦日!?)

エディ・アルバレスはなぜUFCからONEへ移籍した?

エディ・アルバレスはなぜUFCからONEへ移籍したのか? 気になりますよね?UFCは全世界で大人気で その人気はもはやボクシングをも凌ぐと 言われている究極格闘技と呼ばれています。 つまり人類最強の格闘家が集まる団体と言っても 過言ではないと思います。 エディ・アルバレスは決してUFCから 逃げるように移ったのではないと思います。 資金が豊かなONEの契約金がとてつもない金額が 移籍理由の一つとも言われています・・・ まぁエディ・アルバレスも34歳となり ピークは下回っていることから ONEへの移籍は良い選択だったのでは ないでしょうか・・・? スポンサーリンク

まとめ

今回はエディ・アルバレスがONEへの移籍する というところから、改めて戦績について調べて みました!エディ・アルバレスは今も現役バリバリで 強いファイターであることは間違いないでしょう。 戦う場が変わってもエディ・アルバレス選手から 今後も目が離せないですね!! 今回も最後までお読みいただきありがとうございます!! [colwrap] [col2]スポンサーリンク [/col2] [col2] [/col2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。