学校給食のパンに生きた虫 小学校はどこ?製造した札幌市東区の業者の名前は?

学校給食のパンに生きた虫

2019年10月11日、学校給食のパンの袋から生きた虫が見つかる!!という、子供をもつ親にとって、とてもショッキングなニュースが入ってきました。

この学校では、この学校給食のパンの提供を取りやめたそうですが、パン以外の給食も安全なのか?心配です・・・。

この生きた虫が入った学校給食のパンを提供した学校はどこの学校だったのでしょうか・・・?

また、同じ給食が配給されている学校はどこなのでしょうか?

くわしく調査してみたいと思います・・・

学校給食のパンの袋から生きた虫が見つかる。どこの学校?

給食のパンから虫が見つかったのは、北海道石狩市の小学校です。10日、職員が給食で提供されるバターロールの袋に生きた虫が混入しているのを見つけ、教育委員会に連絡しました。

 

その後の調べで生きたコバエが袋の中を飛び回っているバターロール1個と小さな虫のような異物が袋のなかに入っているバターロール2個が見つかり、教育委員会は市内で出される予定の約5200個の提供を取りやめました。

 

製造の過程で混入したとみられ、教育委員会は製造した札幌市東区の業者に原因究明を求めています。

https://news.livedoor.com/article/detail/17219467/

調べたところ、今回給食のパンから虫が見つかった北海道石狩市の小学校は

石狩市立南線小学校 のようです。

石狩市立南線小学校

〒061-3203北海道石狩市花川南3条1丁目18番地

電話0133-73-2042

FAX0133-73-2742

石狩市立南線小学校公式サイト

石狩市立南線小学校に配給しているパンはどこの業者が作ったパン?なんの虫が入っていた?

 

給食のパンの袋に入っていた虫は、ハエだったようです。

給食のパンの袋に、ハエが混入していました。
石狩市教育委員会によりますと、10日午前、石狩の南線小学校で、給食のバターロールパンの袋に、生きているハエが入っているのが見つかりました。
また、虫のようなものが混じっているパンが、ほかに2袋見つかったということです。
学校の配膳担当の職員が給食前に気づいてパンの提供をやめたため、子どもたちに被害はありません。
バターロールは小樽製パンが9日に製造して、10日午前、学校に届けたものでした。

 

引用:https://this.kiji.is/554971755954717793?c=535843299845702753

北海道放送の記事によると

今回問題のあったパンを提供した製造元は

小樽製パン という会社が配給したもののようです。

小樽製パンとは?

 

小樽製パン 

会社名 小樽製パン株式会社

本社所在地 札幌市東区東苗穂10条2丁目19番20号

連絡先 011-791-2114

創業 1929年6月

創立 1945年6月5日

従業員 40名

売上高 2億3,000万円(2018年予測)

小樽製パン公式サイト

 

今回、虫が入っていたパンは合計3袋袋見つかったということです。

何十個、何百個と作っているパンのうち、3袋としたら、ごくごくわずかかもしれませんが、今後はないように注意してもらいたものですね。

給食に生きた虫が入ったパン。ネットの声は?

 

キモいのはわかるし自分が当たったら嫌なんだけど、こんなのニュースにしなくったっていいだろって思うけどね。ある程度仕方ないことは許容していかないと何でもガチガチになって労働者たちの首締めると思うなあ。

外側で、気が付けて良かったですね。それにしても、怖い。見えない所で、気が付かず。。。ばくっと。。。あー嫌だー。

過去の例を紐解けば、食中毒を出した札幌市の漬け物メーカーが、叩きに叩きに叩かれて、廃業してたね。今回も当然、このパン屋を叩いて叩いて叩きまくって、廃業に追い込まないとバランスの悪い話になるね

ここのパンはとメーカーくくりで否定する根拠は?虫が入っていたパンは食べなければいいだけの話。コバエ一匹ごときで食品ロスを出すなよ。虫が一匹入っていたくらいで大騒ぎしているような奴は、知らずに汚い食品食べてる事に気付いていない、ただの無知な世間知らずに過ぎない。

給食のパンから虫が見つかったのは、北海道石狩市の小学校です。10日、職員が給食で提供されるバターロールの袋に生きた虫が混入しているのを見つけ、教育委員会に連絡しました。

 

関連記事はこちら