Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新潟県長岡市の交差点事故。歩道橋破壊したトレーラーの会社名は?

新潟県長岡市大型トレーラー事故

2018年10月27日の早朝に、 新潟県長岡市の交差点で、 大型トレーラーの荷台に 積んでいた重機が歩道橋に衝突し、 歩道橋の一部が崩れる事故がありました。

新潟県長岡市の交差点で大型トレーラーの荷台が歩道橋に衝突

事故のあった現場は新潟県長岡市の 県道の交差点です。 警察によると27日午前7時前、 大型トレーラーが交差点を通過する際、 荷台に積んでいた重機が歩道橋と衝突し、 歩道橋の階段部分などが崩れたそうです。 事故当時は、歩道橋に通行人はおらず、 トレーラーの運転手にもケガは なかったそうです。 大型トレーラーに乗っていた 荷台が歩道橋にあたって 歩道橋がバキッと 折れていますね・・・ 事故当日は土曜日の早い時間 ということもあり 付近には誰もいなかったので けが人はいなかったそうです。 それだけは本当に 良かったと思います。 もし、この大型トレーラーが 歩道橋にぶつかる瞬間に 歩道橋を渡っている人や 近くを歩いている人がいたら と思うと 本当にゾッとします・・・

新潟県長岡市大型トレーラー事故現場は今もなお復旧作業のために通行止め

現場は交通量の多い交差点で、 復旧作業による通行止めが現在も 続いているそうです。 警察は運転手から話を聞くなどして 事故の詳しい原因を調べているとのこと。 画像を見る限り、大きい交差点であることも わかりますし、実際に渋滞してしまっていますね 現場検証と自己処理とを同時に行っているので まだまだ復旧までには時間が かかる見込みのようです・・・ 現場周辺の方は迂回道路を事前に 調べて運転などをされたほうが良いでしょう。

新潟県長岡市大型トレーラー事故の理由は?

どうして歩道橋が崩れ落ちるほど 大型トレーラーとの衝突があったのか 理由がだんだんわかってきました。 どうやら、大型トレーラーに乗せていた クレーン車ののたたみ方が不十分で 高さ制限よりも大幅にオーバーしていた にもかかわらず、大型トレーラーが 通過しようとして歩道橋に衝突して しまったようです。 崩れ落ちた歩道橋の下に大型トレーラーも 下敷きになっているため、もろもろの撤去には まる一日近くかかる見通しだそうです・・・ スポンサーリンク

新潟県長岡市大型トレーラー事故を起こした会社は?

前代未聞の歩道橋を崩落してしまう 事故を起こしてしまった会社名は 「ミツワ興業株式会社」という 社名のようです。大型トレーラーの 横に記載されていますね。 会社概要 会社名 ミツワ興業 株式会社 所在地 新潟県長岡市下条町字清水田1188番地 電話番号 0258-22-3611 FAX番号 0258-22-3621 会社経歴 昭和44年6月 設立(ミツワコンクリートポンプ株式会社) 昭和54年5月 基礎工事部、鋼板リース部新設 昭和57年4月 ミツワ興業 株式会社に社名変更 平成3年    北越銀行より出資 資本金 98,000,000円 昭和44年に設立ということは まもなく設立してから50年という 節目になるのでしょうか? そんな時期にこんなに 大きな事故を起こしてしまって なんとも言えない状況でしょう・・・ 保険で歩道橋の弁済は可能なのでしょうか? 明らかに運転している側の 過失100パーセントだと思いますので 保証対象にあたるのか疑問です。

歩道橋をつくるにはいくら掛かるの?

今どきは歩道橋と言っても いろいろなデザインのものや 大きさが様々です。 今回事故の起きた 新潟県長岡市要町交差点の歩道橋は オーソドックスな形だと 思います。大きさは不明ですが 歩道橋はどんなに安くても 1000万円は掛かるようです・・・ しかも、今回は大型トレーラーを 含む撤去作業などもありますので 弁済を求められたら、いくら掛かるのか 考えるだけでもゾッとしますね・・・

新潟県長岡市大型トレーラー事故を起こした運転手は?

今のところ、運転手の名前は 発表されていません。 けが人などがいる事故ではないので、 このまま発表されないかもしれないですね この運転手さんが どれだけ責任を取らされるのか?と 思うと心配で仕方有りません。 スポンサーリンク

新潟県長岡市大型トレーラー事故まとめ

今回は 新潟県長岡市要町の大型トレーラー事故について 調査した記事を紹介しました。 事故を起こしたミツワ興業 株式会社は 今後、こういった事故が起きないように しっかりと注意をしてもらいたいものですね また、今回事故の原因は積載したクレーンの 折りたたみがちゃんと出来ていなかったという 理由でした。 クレーンを運ぶお仕事でないにしても 必ず確認作業は徹底して行い、 常に安全運転を心がけなければ なりませんね。 みなさんも日頃の仕事で しっかりと点検作業を行い、 こういう事故が起きないように ご注意ください! 今回も最後までお読みいただきありがとうございます [colwrap] [col2]スポンサーリンク [/col2] [col2] [/col2]

コメントを残す