徴用工判決,東海大学教授の金慶珠がスッキリで名言「韓国は正しい」

金慶珠・東海大教授

徴用工問題について 2018年11月1日に日本テレビ 朝の情報番組「スッキリ」で 東海大学教授の「金慶珠さん」が 出演し話題になっています・・・

コチラもお読みください

[blogcard url=”https://news-japan365.com/3027.html”]

「徴用工問題」とは

この日は「徴用工問題」について 特集を行っていました。

「徴用工問題」とは 第2次大戦中、日本統治下の朝鮮半島から 日本本土に徴用され、過酷な環境に 置かれた労働者をめぐる問題をさします。 日本と韓国は1965年、 請求権と経済協力に関する協定を締結。 日本が経済協力資金を支払うことで 請求権問題が「完全かつ最終的に解決された」と 確認した。

韓国の元徴用工らが日本企業を 相手取る訴訟を起こし、韓国最高裁が 2012年5月に請求権を認める判断を 下したことで請求権問題が再燃した。

簡単にまとめると 1965年、日本と韓国で 国同士でもう終わりにしようって 決めたでしょ!? なんで、また言い出すの? 賠償金も前に払ったよね!? 忘れたの!? と日本が韓国を起こっている ということなんですね。

スポンサーリンク

「国際司法に日本が訴えた場合韓国側は出てくる?」

話を戻します! 「徴用工問題」について 司会者の加藤浩次さんは 「国際司法に日本が訴えた場合韓国側は出てくる?」 と本日のコメンテーター 金慶珠さんに コメントを求めました。

金慶珠さん「(国際司法に韓国は)出ない」

加藤浩次さん「なぜ?」

金慶珠さん「お互い合意しないと裁判は開かれない」

加藤浩次さん「知ってる。自信があるなら出ればいいんじゃん」

金慶珠さん「我々は正しいので出ていく必要がない」

加藤浩次さん「おかしいよそんなの!僕は納得いかない」

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 とビックリした方も たくさんいるのでは ないでしょうか・・・? 自分の国が正しいから 自分の国の裁判所が出した 判決は守らないといけない! よって以前取り交わした 合意内容は無効だと言ってます。

でも、こういう国同士でケンカに なった場合に国際裁判で 決めましょうねというルールを 守るのは嫌だといっています・・・ もう、なにがなんだか・・・ という感じですね

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

金慶珠さんについてネットの声は?

  • この金慶珠教授はもうテレビ出ない方がいい。 この方の言論はいつも、日本の為にも韓国の為にもならない。 討論番組に出ても議論の礼儀も成ってないし、理屈も成り立ってない。 そして自論にすっご〜〜く尺をとる
  • 韓国とは条約を締結してはいけませんね。 金慶珠が言うように、韓国では政権が変わるたび政府方針が変わり、それにより司法判断も変わるのですから。 国際常識が韓国では通用しないのでしょうし。
  • ある意味で、韓国はそう言う国だと宣伝してくれてるのだから有難い事ですね、この金慶珠の発言が日本国内のみならず世界にも発信されれば韓国を信用する国は無くなる、ひょっとして韓国寄りのフリして親日なのかな…?(笑笑www)
  • 国際学科で日本と韓国の関係をこの金慶珠が教えているそうですが、独断と偏見の授業で学生が影響を受けると思うと…。 この教授の日本語は上手くないから学生は聞いていても疲れて頭に残っていないかも。
  • 金慶珠は竹島問題のときも国際裁判所には出ないと言ってましたね。この人が何故竹島の件を国際裁判所で決着付けようとしないのか、その際理由を述べていました。それを思い出しやはり韓国人とは関わってはいけないなと思いました。
  • 金慶珠「政権が変われば司法判断も政府方針も変わるのはよくある話」 金慶珠さんよ・・・ 韓国に対しても 日本も同じ対応で良いんだな? それなら簡単だ 過去の「河野談話」や「村山談話」も無しって事にしよう!

金慶珠さんに対して避難ゴーゴーですね 仕方ないのかなぁと思いますが・・・ コメントにあるとおり、 東海大学教授を務められているそうですが なにを教えているのか?疑問ですね・・・

金慶珠さんプロフィール

金慶珠 Kim Kyongjoo

東海大学教授(教養学部 国際学科)

1967年韓国・ソウル生まれ。

幼少時代を兵庫県・西宮で過ごす。

専門は社会言語学 (コミニュケーション論 メディア論)。

梨花女子大学社会学科卒業。

東京大学大学院総合文化研究科修士及び博士課程修了 学術博士。

2002年より東海大学教員。 その後、同大学総合教育センター准教授を経て、 現在は教養学部国際学科教授として 大学にて講義を行う他、日本、韓国でテレビ ラジオの出演、新聞、雑誌への寄稿講演会などの 活動をしている。

2005年 韓日仏教文化学術賞受賞(韓日仏教文化財団)

【書籍】

日韓の共通認識 日本は韓国にとって何なのか?(東海大学出版会 東海大学出版会)

場面描写と視点 日韓両言語の談話構成とその習得(東海大学出版会)

歪みの国・韓国(祥伝社新書)/日本人の知らない日本(イースト新書) 悪韓論VS悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか 井上和彦、金 慶珠 嫌韓の論法(ベスト新書)/恨の国・韓国(祥伝社) ほか スポンサーリンク

金慶珠さんコメント集

金慶珠さんは色々な番組に 出演されていますが、今回の 「スッキリ」でのやりとりのように 筋が通らない話をたくさんされています。 ですので、 いろいろなシーンでフルボッコに されていると取られても仕方ない やり取りが多く感じます・・・

私もこのような強いハートが欲しいナと ちょっと羨ましいところもあります

( ´ ▽ ` )ノ

コチラもお読みください

[blogcard url=”https://news-japan365.com/3027.html”]

まとめ

今回は金慶珠さんがおもしろい発言を しているという内容について 調査してみました。

こういった国と国との約束も 守らない韓国の方は どんどんと国際社会で 「約束も守らないならず者」という レッテルが貼られてしまうことが わからないのか不思議ではあります。 韓国はそういった ロジカルな考えよりも 感情論が優先されてしまう ことが多いので 仕方ないことなのでしょうか?

日本と韓国が 今後どういう関係になっていくのか? 韓国は諸外国から どういう風に見られていくのか? そういったところも 引き続き調査していきたいと 思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます (*˘︶˘*).。.:*♡

おすすめ記事・こちらもお読みください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。