Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

紙幣(お札)の厚さや重さ、サイズの大きさは?人物やデザインは誰が決めてるの?

銀行券(お札)

今回は紙幣、いわゆるお札について 調べていきたいと思います。 お札の大きさや重さって みなさん、知らないですよね? この機会にへぇーと 興味を持ってもらえたら うれしいです( ^ω^)・・・

お札はどのくらいの大きさですか?

現在発行されている銀行券(お札)の 大きさ(長さ)は、次のとおりです。 ただし、湿度などの状態により、 若干異なることがあるそうです。 現在発行されている銀行券(お札)の大きさ(長さ) 縦 横 一万円券 76ミリ 160ミリ 五千円券 76ミリ 156ミリ 二千円券 76ミリ 154ミリ 千円券 76ミリ 150ミリ 微妙に横の長さが違うって ご存知でしたか? いろいろな金種が混ざっていても 端を揃えて、トントンとしてやると 実は見分けることが出来るんですね!! ただ、経験談としては ちゃんと見ないと 一番小さい千円札は束の中に 埋もれてしまうので、要注意です!!

 お札の厚さや重さはどうなっていますか?

2018年現在で発行されている 銀行券の厚さは、 1,000枚で約10センチメートル (1枚で約0.1ミリメートル) 重さは、1,000枚で約1キログラム (1枚で約1グラム)です。 これらは、いずれの額面でも 大きな差はありません。 ただし、湿度などの状態により、 若干異なることもあります。 あと、たくさん使用されて 使用感があるものは 若干軽くなるそうです・・・ 見えないサイズで破れていたり するかのかもしれませんね・・・

お札の額面や肖像などのデザインは誰が決めるのですか?

銀行券(お札)の種類は、 政令で定められます(日本銀行法第47条第1項) また、銀行券の肖像などの様式は、 財務大臣が定め、公示することと なっています(日本銀行法第47条第2項) 財務大臣が定めて公示するとのことですが 選考基準などについては非公表です。 どういった理由で決めているのか 不思議ですね・・・

現在発行されているお札の肖像は誰ですか?

現在発行されている銀行券の 肖像は、次のとおりです。 一万円券福沢諭吉(ふくざわゆきち) 五千円券樋口一葉(ひぐちいちよう) 二千円券(肖像はありません) 千円券野口英世(のぐちひでよ) ちなみに、日本銀行券の肖像に女性が 採用されたのは、2004年(平成16年)に 発行が開始された五千円券(樋口一葉)が 初めてです。 なお、明治時代に政府が 発行していた政府紙幣においては、 神功皇后(じんぐうこうごう)が 使われていた例があります。 そういえば、二千円札ってありましたね 最近は全然見かけませんね・・・

お札に押されている印鑑は誰のものですか?

銀行券(お札)に押されている印鑑のうち、 表面(肖像が印刷されている面)に 押されているものは、 日本銀行の総裁の印章です。 また、裏面に押されているものは、 銀行券の発行などを担当する 日本銀行の発券局長の印章です。 スポンサーリンク

お札に印刷されているアルファベットと数字は何ですか?

銀行券(お札)に印刷されている アルファベットと数字のことを「 記番号」といいます。 現在発行されている銀行券の記番号は、 6桁のアラビア数字をはさんで、 アルファベットが頭に 1ないし2文字、末尾に1文字組み合わされ、 「A123456B」や「CD777777E」というように 表されます。アルファベットは全部で 26文字ありますが、 I(アイ)とO(オー)は数字の1、0に 間違いやすいため、これらを除く24文字が 使われています。 また、数字は「000001」から「900000」までの 90万通りが使われています。 これらの組み合わせにより、 記番号は129億 6千万枚で一巡します。 スポンサーリンク

お札に登場する動物にはどのようなものがいますか?

これまでに、 ねずみ、いのしし、うま、にわとり、 はと、ライオン、きじ、つるの8種類の 動物が銀行券(お札)に描かれました。 このほか、現在発行されている 一万円券には、想像上の動物である 鳳凰(ほうおう)の像が描かれています。

お札が「E一万円券」などとアルファベットを付けて呼ばれることがあるはなぜ?

銀行券(お札)には明治以降、 発行された銀行券を分類するために 記号が付されており、 改刷の都度変更されています。 例えば、現在発行されている 銀行券のうち、福沢諭吉の一万円札、 樋口一葉の五千円札、 野口英世の千円札は E」という記号を頭に付けて、 それぞれE一万円券、E五千円券、E千円券と 呼ばれています。 これまでに発行された銀行券で使われた記号 使用時期 シリーズ記号 明治中期~1935年(昭和10年)頃まで 甲、乙、丙、丁 1942年(昭和17年)頃~1945年(昭和20年)頃まで い、ろ 1946年(昭和21年)以降 A、B、C、D、E [colwrap] [col2]スポンサーリンク [/col2] [col2] [/col2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。